東京の葬儀の流れとマナー

従来は人が亡くなると広く関係者に知らせ、葬儀、告別式を行って多くの人で故人を見送る、という形が一般的でした。また、立派な祭壇を設けて、盛大な葬儀を行うことが故人のためであり、遺された者の務めと考える人も少なからずいました。このような葬儀の形やマナー、葬儀感が、特に東京などの都会では大きく変わってきています。
家族やごく親しい人だけで行う規模の小さな葬儀「家族葬」が増えているのです。本来、通夜は遺族や近親者など故人と深いかかわりを持つ人たちが集まり、最後の別れを惜しみ、故人の霊を慰めるためのものでしたが、最近では一般の会葬者も昼間のお葬式ではなく、通夜に参列することが多くなり、遺族や近親者が弔問客の対応に追われ、ゆっくり故人とのお別れの時間を取ることができない状況になるケースもあります。また、東京などの都市部での家族葬の増加には、核家族化や近所付合いの薄れなども関わっています。
家族葬といっても、その中身は多様です。10人前後の身内だけでシンプルに行う例もあれば、従来のお葬式と変わらない費用をかけ、貸切の会場で棺の周りを生花で飾り、故人の好んだ料理やお酒など用意してホームパーティーのような儀式を営むケースもあります。
費用をかけない小規模なお葬式として、ここ数年注目されているのが「1日葬」(ワンデーセレモニー)です。お葬式を1日で済ませます。1日といっても、法律で24時間たたないと火葬できませんので、亡くなった当日は近親者で故人との別れの時間を過ごし、葬儀、火葬を行う流れになっています。