Pocket

葬儀というのは、その地域ごとによって全く違う流れとなっていることが多いです。
元々がその土地の出身だというのなら問題ないのですが、
社会に出て違う地方に住み移った場合など、
その出身地の流儀に従って執り行うのか、それとも移り住んだ土地の流儀で行うのか迷う所です。
例えばお通夜の後に親族にのみ食事を振る舞うことが多い西日本や関西圏と違い、
関東地方では参列者全員に食事を振る舞うしきたりの所が多くあります。
また納骨でも遺骨の一部ではなく全てを納骨したりと、
葬儀に関する全てが違うのではないかと思える程、その地域ごとの差は大きいものです。
特に東京は色んな地域の出身者が集まっていますから、
小さな流れ一つでも地元と違えば困惑する人もいるでしょう。
東京で葬儀を行う場合に知っておきたいこととして、重要になるのが葬儀会社です。
事前に自分の出身地とそこの流儀などを説明しておき、自分の地元の流れでいくのか
東京に合わせて行うのかを決めておかなければなりません。
そうすれば葬儀会社の方からその旨の連絡なり表示なりを会場でしてくれますから、
参列された方々が困惑することもありませんし、当日の式もスムーズに進めることが出来ます。
その他にも知っておきたいこととして、その葬儀会場の多さ、豊富さがあります。
自分達の親族など参列される人がどこから来るのかによっては
駅や空港の近くを選ばなければなりませんが、宿泊施設の要不要によっても左右されますから、
事前に式場のリサーチ模しておく必要があります。
何にせよスムーズに行うことを大前提として考えられるように努めましょう。