Pocket

地域によって葬儀にはしきたりや設備に違いがあります。
ここでは、東京の葬儀事情について、火葬場・葬儀の流れと期間・参列者へのふるまい、などの事情に焦点を当てて見ていきます。
火葬場については、全国的には自治体が運営しているケースが多いですが、東京23区内では公営の火葬場は2つしかありません。これに対して、民営の火葬場は7つあります。
一般的には公営の火葬場が多いのですが、東京のような都心部ともなると人口が密集しているため、火葬場不足の影響で民営の施設が多くなっています。新しく公営の施設を建てようにも、土地が足りない、住民から反対される、などが理由です。
また、人口が多いため、式場が不足しがちで、死亡〜通夜まで1週間以上期間が空いてしまうことも少なくありません。この場合には故人は自宅で安置するか、火葬場に併設されている冷凍保管庫などで管理します。通夜当日までは長い時間がかかるのが特徴です。
参列者に対しての振る舞いでは、焼香に訪れた一般参列者に対しても通夜振る舞いを行います。式場で焼香を終えた後、寿司・オードブル・煮物・酒などが振舞われることが多いです。これに対して、関西では遺族のみが食事をするのが一般的です。
他には、呼び寄せていた親が亡くなったような場合、火葬だけを都内で行い、田舎に帰った時に地元で他の供養を行うというケースも多く見られます。これも都心部だからこそ行われる、特徴的な現象です。

使わなくなった毛皮、ありませんか?